ブルーライトは目にとっても有害?裸眼で見続けるのは危険??

ゼアキサンチンはルテインと良く似たはたらきをします。

そもそも、ゼアキサンチンとルテインは同じ成分で、ルテインが身体の中で変換されたものがゼアキサンチンとなるのです。なのでゼアキサンチンの役割はルテインとほぼ同じとなっています。

スマホ老眼を防ぐには1時間で5分の以上の休憩をはさみスマホをずっと見ることを意図的に止めたり、スマホを活用する時は目から30センチ以上は離して近くで見ないこと、スマホの画面を少し暗くして自律神経の乱れを抑えるのも有効です。
スマートフォンやパソコンの光は目には強すぎる有害な光です。

しかしルテインは強すぎる光を受け止めて光から目を保護する効能を持っていたりします。スマホ老眼は近すぎる距離でスマホを見ることで、老眼と同じようにピント調整が上手にできなくなることを言います。
大抵は一時的なものですが、毎日のように続くとその状態のまま基に戻らなくなるケースもあります。

ビルベリーが目に効くとされる訳は、目の健康に良いアントシアニンが沢山入っているからです。

ブルーベリーにもアントシアニンがふくまれていますが、ビルベリーの方がアントシアニンが豊富なことから現代ではブルーベリーよりもビルベリーの方が話題を呼んでいます。眼精疲労やかすみ目の対策や改善にはビルベリーやルテインが贅沢に配合された目のサプリメントが御勧めです。

ビルベリーやクロセチンなどの効く成分により目の疲れやかすみ目が良くなるだけでなく、目の老化やスマホ老眼などの近代的な目の病気も予防することが出来ます。

視力の低下や眼精疲労、ドライアイもサプリメントでアントシアニンやルテイン、アスタキサンチンなどの栄養素を補給することで治す効能に期待することが出来ます。持ちろん、目の異常を感じた時は目医者さんに見てもらうことも大切です。疲れ目には目を10分間温めたり、目薬で癒やしたり、目をしっかり休ませることで改善出来ますが、サプリの有効成分のビルベリーなどの栄養素を摂取することでより効果的に改善することが出来ます。ドライアイの原因は眼精疲労、コンタクトレンズの悪影響、寝不足や疲労、スマホやパソコンのブルーライトによる影響など多様な原因によって引き起こされています。改善には目をしっかり休めること、目の負担を減らすこと、ブルーライトを直視しないことが有効ですが、プラスαで目に良いサプリメントによって有効性成分を摂取するのも効果的です。

ルテインはスマホやテレビからも発する目に有害な光から目を守るだけでなく、加齢で起こる老眼の状態を抗酸化効果によって和らげる効果も見込向ことが出来ます。

参考にしたサイト⇒ブルーライト対策に効果的なサプリ!【有害な光から目を守る!】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です